m

株式会社ヘルス&ライフサポート

+
電話番号:03-5386-3144
あなたの会社は、人がコロコロ変わる「引継ぎカンパニー」?それとも、社員が定着する「積み上げカンパニー」? すぐ社員が辞めてしまう「引き継ぎカンパニー」 社員がイキイキ「積み上げカンパニー」

トピックス

予防の視点で、「働く人の元気、健康づくり」と「ヘルシーカンパニー」をサポートします。

健康は、人生のすべてではありませんが、健康を失ったときに、やりたいことが実現できません。人は失って初めて、その大切さに気づくのではないでしょうか。医療や相談、介護の現場を通じ、そんな場面に多く遭遇しました。病気になってから対応すると時間もお金もかかるだけでなく、大切な機会等を失います。予防は、あなたが主役、行動を選択し行動する、費用も安価で効果的なシステムです。

保健師として、15年にわたり予防の視点で中小事業場のヘルスサポートを行ってきました。その経験やノウハウ活かして、日本の99%以上を占める中小企業(総務省企業統計調査による)のサポートをしていきたい、会社や個人の成長に寄与したいそれが当社の願いです。

「引継ぎカンパニー」から「積み上げカンパニー」を目指しませんか。

引継ぎばかりになっている原因は、人が辞めてしまうから。人が辞める原因は様々ですが、労働環境が悪い場合、メンタルヘルスの問題になることが多いとされています。引継ぎばかりしていると、残された人も疲弊していきます。 職場環境を良くすることで、病気になる人も減り、人に対する前向き投資もできます。


米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が提唱した、「健康職場」モデルは、従業員の健康や満足感と組織の生産性を両立させることは可能であり、むしろ両者には、相互作用がり、互いに強化することができるとされています。 経営が順調であることは無論重要なことですが、経営資源である働く社員一人一人が元気で生き生きしていること、職場環境が快適であることは、職務満足度にもつながります。経営者が働く人を意識、尊重した施策を展開すると、働く側にも伝わり、社員が経営を意識したポジティヴな行動をするようになると言われています。その結果、生産性がアップし、組織活力にもつながります。

5年ごとに実施される労働者健康状況調査(厚生労働省労働衛生課)によると、メンタルヘルスケアに取り組んでいる事業所の割合は、平成23年度で43.6%と言われています。事業所規模が小さくなるほど実施率は下がります。 中小企業経営者の方が、メンタル等の病気を持つ社員を抱えた場合、対応する人的資源もなく、取り組み方もよくわからない(20.1%)との結果も出ています。当社は、そのような困りごとに対して、経営者や人事労務の方とご一緒に対応を考え、代行等の支援をしていきたいと考えています。

先ずは、貴社のできるところから始めませんか。お気軽にお声をおかけください。

voice お客様の声

お問い合わせはこちらから 電話番号 03-5386-3144