m

株式会社ヘルス&ライフサポート

+
電話番号:03-5386-3144

ゲステル代表取締役社長 神田広興様インタビュー

kanda1

Q.健康予防に関心を持つようになったきっかけはあったのでしょうか。

昔は、健康相談に対して意識が低かったんですよ。体力にモノを言わせて、夜遅くまで仕事をしていましたね。そんな時、齋藤さんとは前職の保健室で出会いました。国内出張、海外出張が続いて体調を崩したときに丁寧に相談に乗って頂けたおかげで、病院に行かずに済み、大変助かったという記憶が有ります。その頃から「体力にモノを言わせる」、だけでは駄目だ・・・と気付くようになりました。

Q.健康相談がコストだと感じる経営者もいますが・・・

実際に支払う費用は1人当りでカウントすると非常に小額です。例えば1週間、1ヶ月倒れてしまえば、その損失は桁が変わってきますよね。無責任に見ないふりをして、倒れてから騒いで手当をするよりは、少しでも未然に予防や防止をしたり、ゆるやかに手当が出来るのであれば、たいした出費ではないと感じています。 当社設立時は社員も若かったですが、丁度メタボリックシンドロームなどが注目されていたころですし、生活習慣病等の未然予防等、将来を見据えて継続的な健康維持をするために必要だと思いました。 また、ストレスの多い世の中ですから、心の病になってしまう社員が出る可能性は否定できません。 良い仕事をしてもらう、基礎中の基礎が健康管理予防だと考えています。 kanda2

Q御社の中で取り入れている制度を教えてください。

大した制度ではありませんが、「冬と夏の休みは最低9連休取ってください!」と社員には伝えています。実際には分けてしまう方もいますが、9日は取得してくれています。

Q.採用面でも良い効果がありそうですね。

効果はあると思いますが、福利厚生面の充実を重視する人よりは、仕事の内容や、どのような仕事を通じてビジネスに貢献したいか?という点を重視している人を採用したいですね。

Q.齋藤さんに関して、改善して欲しいポイントはありますか?

不満や改善点は・・・・・特にないですね・・・。むしろ、1人1人の相談内容は重いはずなのに、齋藤さんの体が良く持つなと思います。 しかも、バランスがいいんですよ! もちろん、社員の健康第一で考えてくれていますが、経営者の視点からも労使関係を考えてくれるのが素晴らしい。従業員側と、経営者側との、真ん中にしっかりといてくれます。お互いにハッピーになることを考えてくれます。

Q.齋藤さんに頼んで良かったと思う点は?

面談の後に良いアドバイスを頂ける事ですね。何かがあっても早めに手を打てるようになったのが良かったと感じています。 独立した際、大企業と違い、数名で会社をオペレーションしなければいけないという大きな責任に直面した際に、一番のリスクが何であるかを考え、社員一人一人の健康が最も重要であるという結論に至りました。未然予防の観点から、また必要に応じて適切なアドバイスを、信頼できる方から頂きたいという思いで斎藤さんにお願いしますが、素晴らしい仕事をしてくださっています。
お問い合わせはこちらから 電話番号 03-5386-3144